膝蓋骨内脱臼

昨日、突然、、病名を付けられてしまったhinaです(~_~;)

夕方の散歩中何かのきっかけがあったのか、特に感じなかったけれど。。。

ちょっと歩いては座ってしまう。
そして、ラブちゃんのママに挨拶しようとして立ち上がったらキャインと泣いた。
ビーちゃんのママとお兄ちゃんにも同様なのでこれは診せた方が良いのかなぁ〜?と、
暫く抱っこして帰宅して、そのまま車に乗せたのだった。

 
 
 診察とレントゲン写真の結果「膝蓋骨内脱臼」。
骨自体は健康にしっかり成長しているので心配ないけれど
膝のお皿が内側に外れやすいそうだ。自然に戻っている内は良いが
あまり頻繁に起こして痛がるようであれば手術をした方が良い場合がある。
けれどしばらくは様子を見て、太らせないようにして普通に暮らして下さい。とのこと。
ま、とりあえずは何も変わりはないのだけれどちょっと気が重い。。。

前にも一度あったことを思い出した。
5ヶ月になる前だったか、、帰り道 普通に平坦な道を歩いている時、急に。
疲れたのかな?と思って抱っこして少し歩いたことがあった。
家に帰って大丈夫のようで、、すっかり忘れていた。

そういえば7月末、初めて家に連れ帰った時、はしゃいで走っていて
キャンと言ったことが数回あったのだわ〜〜;

柴犬には比較的多いんですよ〜という先生の言葉に
ムクが後ろ足で蹴りながら時々キャンと言っていたことを思い出した。
それだけで大事には至らなかったけれど、あの仔もそうだったのかもしれない。
 
 
ひなちゃん!
痛かった上に、突然 嫌いな車に乗せちゃってごめんね~でも酔わないでお座りしていてくれたね♪
病院ではレントゲンなど撮られてお疲れさま!
押さえられて泣き声が聞こえたけど、出てきた君はまだ奥の方に興味があるようで・・・(笑)
看護婦さんにもスリスリしていて笑えたよ~♪
 
夕飯後から静かでほとんど寝ていたhinaでした。 疲れたのね!(; ̄ェ ̄)

ひな ⋅ 6ヶ月10日

膝蓋骨内脱臼」への11件のフィードバック

  1. ぐっさん

    心配ですね。。。ももも小さい頃、滑ってキャンなんてことよくありました。
    成長と共に筋肉がついてくれば、大丈夫なんじゃないですかね・・・。
    後ろ足立ちでぴょんぴょんとか、フローリングで滑らないようにとか、子犬の時は特に注意してあげた方がいいのかもですね。
    うちは、フローリングに滑らない素材のワックスを塗ったり、コルク素材のマットを敷いたり、ペット用の塩ビシートを敷いたりして、少し神経質になっていたような気も今はしますが、メインで遊ぶ部屋とかがあるのでしたらそう言う処置も考えてみるのも一案かもですね。

    返信
  2. harunana

    ぐっさんさん;
    ご心配ありがとうございます^_^
    お里の方からもメールを頂きました。
    全速力で走っている事で心配して下さっていたようです(~_~;)
    ドッグランに連れて行く事はありませんが、ワンコさんに
    会うと一人でもはしゃいでしまうので動きの制御が難しいです。
    家でカーペットのない部分もありますので、その部分にも
    敷くよう考えますねσ(^_^;)
    歩くことで筋肉が発達したら起こさなくなりますでしょうかね!
    気を付けながら自由に遊ばせます。。。(ムズカシー!!)

    返信
  3. ちゃこぽん

    私、harunanaさんのブログにこんなに長くお邪魔していなかったのかとびっくらこいてます(笑)
    まずは新入りhinaちゃんはじめまして♪
    今さかのぼって読んできましたが、やはり仔犬ちゃんとの生活は忙しくて楽しいですね(爆)
    ほら、うちみたいに仔猫さんだと、よその子たちとうまくやっていくためのマナーを身に着ける必要はないので(*≧m≦*)ププッ
    ところで膝蓋骨脱臼ですが、うちのチャコかりんも内方脱臼でした。
    チャコは最後まで手術の必要はない程度で、外れても自分で足を伸ばしたりして勝手に整復していたけれど、かりんは大腿骨が変形するくらい酷かったのです(当時ヤブ医者に通っていて指摘されなかったのと、私たちが全く気付かなかったので酷くしてしまった)
    結局、まだ1~2歳くらいの時に、両方の後ろ足を手術しました。さらに右足は予後もあまり良くなかったので再手術も受けました。
    手術は、膝蓋骨がおさまるための溝があるんですが、かりんは先天的にその溝が浅いというかほとんどなかったので、骨に溝を作って、さらにお皿が外れないよう金属プレートで土手を作るような手術だったと記憶しています。
    でも、手術後10年以上、冬場は若干疼いたかもしれないけれど、うさぎさんのように元気に走り回っていましたよ(^^)
    かかりつけの先生に伺ったところ、今は当時よりこの類の手術のレベルが上がっていて、金属じゃない素材を使うみたいですし、もし手術になってもきっと大丈夫!なのでharunanaさんもhinaちゃんも元気出してくださいね~!
    長くなっちゃった(^^;) ではまた覗きに来ますね!

    返信
  4. harunana

    ちゃこぽんさん;
    ご無沙汰は お互い様で〜す。
    hinaが来てからは勝手に忙しくてーー(爆)
    明るい情報をありがとうございます♪
    先程も裏の家のチワワさんが外れるという話を聞いてきました。
    やはり自分で足を伸ばして治してしまうとか。。
    hinaはレベル①と言われましたが、手術になっても大丈夫と
    言って下さって安心しました。。ありがとう〜♪
    チャコちゃんもかりんちゃんも痛い思いをしていたのですね。
    今はくろちゃんは元気の素ですね^o^
    hinaをどうぞよろしく。
    関係ないとは思いますが、留守番させて帰って来たら
    まるで元気がなくて。。。オヤツは食べるんですけど
    今、じっとして足元でくっついて寝ています。
    どうしたのかなあ〜~_~; 何か怖かったのかしら?
    朝は元気だったのです。こんなこと、初めてです。

    返信
  5. sakura

    hinaちゃん、ちょっとの間のイタイ、イタイで時機にの完治を願っています。
    ロンとヒナちゃんが元気になれる様に祈っています。

    返信
  6. harunana

    sakuraさん;
    ありがとうございます^_^
    痛いのはどうもその時だけのようです。
    ただ、いつ外れるのか心配しながら動きを見ているのも
    辛いですね。。
    育っていくうちに丈夫になっていってくれるだろうと
    信じますd(^_^o)
    今日は元気が出てきたようです*\(^o^)/*

    返信
  7. 蜜柑

    あらあら、hina ちゃん、大丈夫?
    ちょっと大変かもしれないけれど、早い段階で気づけて良かったのかな?
    これからの生活を気をつけてあげればよいものね。
    鈴が足を引きずるようになってから、今までの生活を見直して、フローリングだったところは全部カーペット敷いて滑らないようにしました。
    滑らないワックスじゃあまり意味が無かったみたいなのです。
    本当はちびワンの時にちゃんと対処しておけばよかったんだろうなぁ、と思うのです。
    膝蓋骨内方脱臼については良くしらないけれど、困った時はちゃこぽん看護士( ´艸`)
    頼りになりますわよ( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)

    返信
  8. 蜜柑

    それから、お誕生日おめでとうございます。
    (で、良いのよねw)
    素敵な一年をhinaちゃんと供に過ごして下さい。

    返信
  9. harunana

    蜜柑さん;
    後の方から、、
    勿論いいんですよー!目出度いです(笑)
    ありがとうございますd(^_^o)
    hinaの症状に病名が付いてしまって、、初め聞いた時は
    あれがいけなかったのかしら、あんな事しなければ
    良かったとか、、いろいろ思って 自分を責めました。
    いろいろ皆さんのお話を伺って気を付ける所は気を付け、
    直せる所は直していこうと思います。
    その上で 「なるようになるさ」と暮らした方が良いと
    思い始めたところですσ(^_^;)
    ちゃこぽんさんもたくさん苦労されてますものね〜!
    蜜柑さんもそうですね!!
    皆さん、大先輩です*\(^o^)/*
    心強いです♪

    返信
  10. kimama

    まあ~びっくりしました。
    先天的に弱い部分を持ち合わせてしまったワンちゃんて
    結構いますよね。ポン太もその一頭に入りますが・・・
    hinaちゃん 成長とともにクリアできるといいですが
    太らせてはいけないことをお互い肝に銘じましょう。
    ポン太のキャ~ンという悲鳴も相当なものですから
    nanaさんもどんなにかドキッ!! とされたことか。
    手術をせずに済みますようお祈りします。

    返信
  11. harunana

    kimamaさん;
    ハルが丈夫でしたので思いも寄らない事でした。
    お話をするとうちの子もそうだったという方が多くて、、それ
    にも驚いています!
    骨の成長と筋肉の成長に差がある仔犬にはよくある事だとも。。
    成長と共に忘れられたら嬉しいのですが♪(v^_^)v。
    肥らせない事、、なのですね!
    ポンちゃんも、時々痛むのですね(~_~;)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください