甚平ザメがやってきた

今年8月、千葉の港で定置網に迷い込んだ甚平ザメの子供が
10月初め、横浜市の八景島シーパラダイスにやってきた♪
英語名「Whale shark」という世界一大きな魚(#^.^#)
土曜日に行ってきた♪


 
すでに日本のいくつかの水族館にいるそうだけれど、見るのは初めて♪
子供とは言っても長さ4メートル50センチ!!
成長すると12メートルにもなるという(^_-)-☆
男の子だそうだ。
そんな大きな水槽・・・ん? どこに作ったの???


 


 


興味深々♪ 
夏に行った時、ベルーガやイルカのショーが楽しかったので、それも楽しみだった。


ショーが始まる・・というのでさっそくアクアスタジアムへ。
席についてプールを見ると、何かが悠々と泳いでいる。。。
「あ・・!!」 それが甚平ザメだった♪
ここに居るの?


プールを甚平君に乗っ取られて、イルカたちのショーはお休み。(>_<)
プールの前でのセイウチやアシカの芸だけだった。
ちょっとがっかりしたけれど
プールのすぐ傍を歩いて甚平君と間近でご対面♪
14,5cmはありそうなガラス(?)の向こうにサメがいる♪


 


 


 


このままここへ入れておく訳ではないと思うので、大きな水槽を作っているのだろう♪
それまではここの住人なのかな~。。。


ラッコやペンギンたちのにぎやかな餌遣り時間にも間に合ったし、
いつも寝てばかりいる2頭の白クマたちが、やけに元気にじゃれあって遊んでいたし・・・♪
魚たちは元気に泳いでいたし・・・孫と楽しんだ半日だった(^。^)y-.。o○


あ、そういえばエイが泳いでいる鰯を自給してしまう現場も目撃してしまった(笑)


 


 

甚平ザメがやってきた」への4件のフィードバック

  1. kimama

    お~人が小さくて(~_~)甚平ザメの大きさがよく分かります。
    まだ子供なのにね~これから
    どんなに大きな水槽が要ることやら(^.^)
    エイも自給姿を見つかってしまい慌てたのではないかしら(笑)
    もしかして目撃者を探していたかもしけませんね。
    坊やの可愛いお目々にしっかり焼き付いたことでしょう。
    いいですね~

    返信
  2. harumama

    kimamaさん;
    ね~~どうするんでしょうね~??
    今後の話は聞けませんでした(ー_ー)!!
    いつまでもイルカたちに休暇はあげられないでしょう(笑)
    いつもゆったりとした泳ぎのエイがガラスの方に
    口を向けてブルブルっとしたので見ていたら
    鰯を吸い込んだのです!!!
    目撃者は娘と私♪。 
    孫は残念ながら他を見ていました~(ー_ー)!!

    返信
  3. ちゃこぽん

    ジンベエザメ、鹿児島の水族館にもいますよ~。
    でもね、大きくなると巨大水槽が必要になっちゃうから
    小さいサイズの子を展示してるみたいです。
    で、水槽の許容範囲を超えるほど大きくなったら、
    海に慣れるトレーニングを長期間やってから
    海に帰すんですよ~。
    そうやってただいま5代目飼育中。
    4代目だけは海に帰すのに失敗して、
    海に慣れるために設置していた海上いけすで亡くなったそうです。
    人間の楽しみのために連れてこられたんでしょうから
    水槽の中ではなんだか可哀想にも思えます。
    鹿児島水族館のジンベエザメは
    代々「ユウユウ」っていう名前なんだけど、
    水槽じゃユウユウと泳げませんよねぇ~(^^;)

    返信
  4. harumama

    ちゃこぽんさん;
    そうなんですか~~(ー_ー)!!
    子供のころから水槽で大きくなったら、海の仲間との接触方法だって難しい、、餌の捕り方だって
    解らないでしょうに。。。
    人が育てたライオンをサバンナに帰すのと同じですね
    (;一_一)
    動物園や水族館は連れてこられた動物や魚を
    見て楽しんでいるのですよね。
    自分も含めて・・人間って勝手ですね~!!!!!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください