月別アーカイブ: 2011年6月

夏至の節電

横浜市では夏至の今日、午後2時間ほどを節電時間として広く(?)市民に節電をお願いするという。
あまり広く知られてはいない気がするけれど。。。;


 


 


 


我が家では一昨年にエアコンが壊れたお陰で(@_@;)、一日の半分くらいはガスによる自家発電をしているからこの時間帯は電力使用量は0。


 


 


 


ガスを燃やして発電???
なんだか当時、ガス会社の陰謀のようにも思えたけれど(笑)今になってみれば発電できることはありがたい。
それでも一日中という訳にはいかないからあとの半分はできるだけの節電をしたいと思っている。
発電は1kwだけれど、普通の生活ではこれを上回ることはあまりない。
瞬間的に1400w使う湯沸かしは止めてお湯はガスで沸かして魔法瓶に保存。
発電している時間帯に掃除や洗濯をする。
発電するとお風呂や洗い物用のお湯はたまっていくシステムなのでシャワーぐらいなら入浴時にガスを使う事はない。


ただ・・問題は発電とは言っても電気が来ないことには動かないのである。停電した時は発電しない(笑)
蓄電できると良いのにねぇ~(;一_一)
しかも先だっての計画停電の時には、発電を切るように通知が来た。というのは発電を停止してから1時間半くらいかけて発電装置を冷やすそうで、発電している時にいきなり停電をすると徐々に冷えることができないので何度も繰り返すと故障の原因になるという。
この1kwの発電装置でさえ1時間半掛かるというのだから、、原発の燃料棒が冷えるまで何年も・・というのは納得である。


 


 


 


いきなりの梅雨の晴れ間は真夏日となった。いくら夏至とはいえ。。。
福島の原発で働いている技術者の方々のご苦労が偲ばれる。
こんなに暑い中で、放射能の中での作業は辛い戦いだろう。
ほんとうにご苦労様です<(_ _)>


 


 


今日は一番昼間の時間が長い日・・ハルちゃん、夕方の散歩は遅~く行こうね♪
夏至+晴れ=暑い!! からね♪( ^^) _U~~


折りたたみハル(#^.^#)→


 


 


プランター育ちのキュウリは今3本目が成長中♪
地植えの方はまだ実にならない・・食べられるのかな??


 


買い物に出たら可愛いマウスパッドに遭遇してしまった(笑)


 


 


          {/ZZZ/}{/ZZZ2/}{/くも/}{/雨/}{/晴れ/}{/雨/}{/くも/}{/ZZZ2/}{/ZZZ/}


 

お父さん、ありがとう~♪

戦争が間に入り、幼くして2人の娘を亡くした後の末っ子として生まれてきた私をまるで孫のように可愛がってくれた父がいた。


九州男児の典型のような人だったけれど私にはとても優しい父だった。
夕方になると「散歩に行こう~」と連れ出され、商店街で「何でも買ってやる」と言われて困ったことも思い出す。
「お前が男だったら良かったのに~」とよく言われた(@_@;)
自分の意見を口にした時かな~?・・なかなか良い事を言っている、
と思ってくれたと・・・思いたい(笑)


 


どちらかというと父親のようにいろいろ教えてくれたのが15才年上の兄だった。
若くして肺結核になった兄は家でラジオを作ったり、熱帯魚を飼ったりしていた時期があった。
部品の真空管を秋葉原まで一緒に買いに行ったり、熱帯魚の生き餌を捕りに近所の溝を探ったり。。。
まるで腰巾着(もう言わない?)のようだと母に笑われた(笑)


トランジスターよりも前の時代のラジオやレコードプレイヤ-だから
組み立てや修理には頭を使う♪
金槌の下に指を出して血豆を作ったこともある・・今でも指先に
その後が残っている。


 兄のお陰で少し電気や機械の知識を得たのかもしれないし、
熱帯魚のために冬には電気で温めたり、真夏には水槽に氷を入れて
暑さを凌いであげる・・命の大切さも学んだ。


 


三人目は夫の父・・・父自身、田舎を出て東京市の職員となり、
戦中に先に疎開をした家族を追って田舎へ帰ったのだったが、
大学から東京へ出た息子が勝手に決めた嫁を受け入れて下さった事に感謝している。
田舎のしきたりを知らない都会の嫁に周りの反対も多かったことだろう。

東京時代、習字を教えていた事もあってとても美しい字を書かれた。
ご自身のお墓の字も本人の手になるもの。
我が家にも父の字の掛け軸がいくつかある・・母が生前、
「持っていきなさい、遠慮していると、みんな姉達のところへいってしまうよ」と言って持たせてくれた物である。
横浜の家も土地を購入した時に見て、「富士山が見えて良い所だなぁ~」と喜んでおられた。
二階からになってしまったけれど今でも見えますよ~富士山♪
口数の少ない人だったけれど、暮に田舎に帰ると台所で
鍋で「田作り」を炒っていた姿を思い出す。


 


そして最後に・・・恋人であったり子供のようであったり
ある時は父のようにも接してくれたのが夫だった。
世の中の解らないことがあると夫に質問していた。
たいていは答えてくれたけれど、知らない事を聞かれた時には
「なんでも俺が知っているとは思うな」と機嫌が悪くなる。
素直に「それは知らないな~」と言えばいいのに~。。。 
今はコンピューターに聞いていますよ~♪(笑)


 


守り育ててくれた四人の父(^_-)-☆
みんな、空の上から見守ってくれている。


「お父さん、ありがとう~♪ 」


 


         {/波線/}{/波線/}{/揺れるハート/}{/波線/}{/波線/}


 


 


 

雨の日にも楽しみが。。

梅雨に入った{/雨/}


このところ気温が低いのでジメジメしていなくてありがたい。
低すぎて着るものに迷って雨の日はまるで冬のような姿での散歩になっている。(笑)


 


 


こちらでは被害は出なかったけれど、先日の台風2号の時に
グランドはいつものように半分が池のようになった。


ハルは雨を厭わない。  
小型のワンコさんが公園で放れていないから、こちらも気を使わなくて済むのでいつもより長い時間留まっているような気がする。


水たまりを避けるでもなく歩くハルについていくと、グランドの池に到着!!
中に入りたがるのは解っているのでこちらもできるだけ長い長靴を履いていく。


10cmから15cmくらいの深さなのでポチャポチャと歩きながら、さざ波の中で浮かんでいる木の葉や枝やゴミ(笑)を
追いかけたり手で押さえたりして遊んでいてなかなか出ようとはしないハル・・いったい貴女は幾つなの(?)
若い頃はここへボールを投げると嬉しそうに捕りにいっていたなぁ~~♪


 


最近のお気に入りは・・浮かんでは消えるアブク(^_-)-☆
これが楽しいらしくて手でチョンチョンとしたら消えたと言って、今度は口を持っていく。
パクンと噛むと水しか入ってこないので不思議そうに次のターゲットへ(笑)・・・汚い水をたくさん飲んでいます(ー_ー)!!
帰ろう~と言ってもなかなか終わらない!!


 


 


翌日もそこを目指して出かけたけれど、前日沢山あったアブクはほとんど浮かんでいなかった。
なぜだろうね~ハルちゃん♪
つまらなそうなので水面をポチャポチャと動かしたら浮かんできたアブクを嬉しそうに追いかけていた。
そんな時のハルはいつまでも仔犬のような・・雄犬のように無邪気なところがあるので可愛い♪


雨の日にはビニール袋を背中に掛けられても文句も言わずに出かけるハルだから
何か一つくらい楽しみもなくちゃね!♪
これからも親から与えてもらった命を大切に生きようね(#^.^#)


 


 


 


               {/波線/}{/波線/}{/森/}{/波線/}{/波線/}


世の中には辛い一生を過ごして若くして虹の橋を渡ってしまうワンコさんも多くいます。
友人のところのPちゃんが思いがけなく、まだ若い命を落としました。
少しビビりさんだったけれど人懐こい可愛い紀州犬でした。
ご冥福を祈ります。


今度の災害にあったワンコ達の多くも恐怖の中で亡くなったことでしょう。
運良く助けてもらい保護されているワンコさんが一日も早く飼い主さんと巡り合えるよう祈っています。