月別アーカイブ: 2011年5月

代替わり

ハルは朝からぐっすり寝ています(#^.^#)
一晩いつもの動物病院へお泊りしてきました。
一晩で済んだのは息子の優しい気持ちからでした。


 


 


 


 


亡き夫は5人姉弟・・夫の上に4人の姉達です。
田舎の末っ子の後取りですから幼いころから親や姉達には
期待され、可愛がられて育ったのだと思います。
夫には生涯、その位置が悩みの種となっていたのですが。。。


その5人の姉弟の中で一番初めに他界したのが夫でした。
3年後、上から3番目の姉が逝き、この度は2番目の姉までもが
あちらへ逝ってしまいました。
今年80歳、またしても癌という病の故でした。


 


報せを受けて急遽動物病院へ電話したところ、気持ち良く引き受けてくださったので、、
「明日は先生のところにお泊りしてね」・・理由と共に話すと「え~っ?」と顔を見つめていたけれど
あちこちへの電話の話や荷造りの様子を見ていたからだろう、翌日はもうすっかり納得していて
「じゃ、行こうか~」という声に立ち上がり素直に車の方へ。。。
なんて良い仔なんでしょうね~(オヤバカ!!)


 


 


新幹線で出かけたけれど、後から息子は車で来てくれたので翌日は葬儀の後、同乗して帰宅した。
病院は6時半に締まる。それまでに間に合わなければハルのお預けは翌日までとなります。
ハル専任(?)の看護師さんの翌日出勤はハルがいるかいないかで決まる・・と言われて
5時半までに連絡をとる約束になっていました(@_@;)


単純計算ではギリギリの所要時間・・・無理しなくても、明日の朝迎えに行けばいいから・・という私に「2晩も預けてはハルが可哀そう~」という息子が頑張ってくれた(?)おかげで約束の時間5時半前には目途がつき、「行けそうです」という電話をすることができた♪


 


「ウオウウオウ」と泣きながら出てきたハルは早く家に帰りたくて一瞬息子が解らなかったようだった(笑)
「知らない車に乗るのはいや」と少しゴネたが・・家が近付くとようやく落ち着いて、、
改めて庭で息子にご挨拶(^_-)-☆。
帰宅してホッとしたのはハルばかりではなかった~~♪
散歩後には軽くシャンプーをして夜はいつも通りぐっすりと寝られたハルと私(#^.^#)


 


田舎でも甥や姪達にすっかりお世話になって、夫がいた頃姉たちが取り仕切っていた事を
もうその子供たちに替わる年代になったことをあらためて認識しました~(^。^)y-.。o○


 


大きなオリーブの木には付いていないのに3年目の苗木には花芽がいっぱい付いています♪
ココも代替わり~???


          


 



ベビーリーフはベビーのまま!!  
  
かな ?♪?


 


    


 


公園で拾ってきたドングリが植木鉢で芽を出して育っています♪
なんと「クヌギ」の木です(^_-)-☆


公園に帰してあげたいけど。。。{/!?/}


 


   {/揺れるハート/}{/複数ハート/}{/嬉しい/}{/複数ハート/}{/揺れるハート/}


 


 


 

季節は進む♪

3日前に来た時にはまだ水の入っている田んぼとそうでない田んぼとがあって
田植えのシーズンがそろそろ始まるのだと思わせていた。


昨夕行ってみてビックリ!!  ほとんどの田んぼは水をたたえている上に
小さな稲が水面に顔を出して風にそよいでいる♪


 


 


水が入ると、とたんにカエルが鳴きカモが底をつつくのだから不思議だ(^_-)-☆
小川にはオタマジャクシもいたのかなあ~? カモたちは何処にいたの??  


カモは人間も気にせずに悠々と泳いで餌取りに余念がない。
ハルもこのごろは「ああ、カモね~」という感じで通過♪


「ハルちゃん、コサギの時とは大違いだね~」
コサギには敵愾心を燃やすハルです(笑)・・白いから??


 


                    この田んぼは準備が整って、明日は田植えなのだろう~(#^.^#)


 


 


 


 


一枚がそんなに大きくないのに、このごろは手植えをしないで
機械がストンストンと置いていくのだから、時間も人手も少なくて済んでいる。
この辺りでも高齢化が進み、後継者に引き継ぐために農家の皆さんの悩みも多いようだ。


何かこだわりを持って、若い後継ぎに魅力のある農業にしていかなくちゃね~♪


 


 


ハルが時々止まって見上げる顔はオヤツの催促♪ 一粒貰って歩き出す。
そのスピードは最近とみにゆっくりになって来た。
散歩初めの下り坂はとっとことっとこウサギさん♪
けれど途中から急に亀さんに変身してしまう(;一_一)


のんびりのんびり~~( ^^) ♪
夕方はなかなかおうちに着かないんだよね、ハルちゃん(^。^)y-.。o○


 


 


 


 

初夏のような日差しの中で♪

早朝の空気は前日のうすら寒い雨の日がウソのように清々しく晴れ渡って、
半袖でも寒さを感じることもなかった。


 


 


 


今日の紀州犬保存会全国展へは昨日から我が家に泊りに来てくださったぼおままさんと一緒に出かけた♪


5時半に起きて朝の散歩を済ませ、相模原の会場へ出発。
連休最後の日の16号線は渋滞もほとんどなくて40分ほどで現地に到着した。


いつものように家族的な和気あいあいの雰囲気の中、それぞれの審査が行われた。
春は全国展なので和歌山の本部からの審査員がみえている。
ハルも供覧犬として皆さんに見て頂くことができた。13才という年齢と聞いて
皆さんに「綺麗ね~」と言って頂いて・・よかったね~♪ハルちゃん♪
「これからも太らせないように」という指導も頂いた。


 


 


 


そして、思いがけなく吉田悦花さんもお越しいただいていて、懐かしくお話する。
昨年12才のハルを取材して新聞に載せてくださった悦花さん♪
「俳句」、「江戸ソバリエ」、「作家」として、相変わらず大変お忙しいようだ。
今日も昼食をご一緒する時間もなく、次の予定の場所へ出かけられた。


 


 


 


 


暑いほどの一日を緑多い公園で過ごし、楽しんだが
帰りの16号線は朝とは打って変わって途中まで渋滞で行きの倍以上、1時間半もかかってしまったけれど
帰宅したらテーブルには美しい花束が~~~(#^.^#)
「母の日」なのね~♪


 


 


 



 


 庭ではモッコウバラの下で「花筏」(ハナイカダ)・・の葉っぱの真ん中に、、
 おやっ!! 花らしいものが・・・♪