月別アーカイブ: 2011年4月

華やかに・・

強い風にあおられて公園のケヤキや桜の木々は新しい葉を大きく広げて
あっという間に見上げる空を緑色にしている。
散歩道でも我が家の小さな庭でも、長かった寒さを乗り越えた蕾たちが
いっせいにそれぞれの美しさを私たちに見せてくれる、そんな季節がやって来た。


ハルもあちこちで草の新芽を食べている♪
特に胸やけ・・という感じではなく美味しそうに~!


 


田んぼのあぜ道や草の多い所は留まる時間が長い(@_@;)
道行く人もじっくりハルを観察できて
「この犬は・・?」から始まり、話も長くなる(笑)
昨日も「おとうさん」と2回も呼ばれてしまった(^_-)-☆



 


 


 


垣根の「ナニワイバラ」と


「ホタルカズラ」が今、綺麗!!


 


 


 


そして、我が家のメイン(^_-)-☆である


モッコウバラも咲き始めた!!!
新入りの黄色いモッコウバラ。。


 


 


 


白いモッコウバラは前庭を覆っているので
満開になるとそれはそれは素敵なのだけれど
一つ弱いのが「雨に当たること。。」
今夜から雨だと言う・・・まだ2,3分咲きなので
頑張って頂戴ね~(#^.^#)


 


 


他にも日本桜草が鉢の中で増えてくれたし、地植えのミッキーマウスの花も見られた♪



 


冬に耐えた花たち・・ありがとう~♪


 


春を運んできた花たち・・ありがとう~♪


 


                                            


 


 

癒しの桜

東日本大震災から一カ月が経ちました。
なかなか先の見えない原発事故やかなりの頻度で起こっている大きな余震があって被災地の方々はさぞ大きな傷を心と身体にに受けている事でしょう。事態が良い方向へ行くよう祈るばかりです。


今年も桜が咲きました。
冬の厳しさを耐えて花芽を大きく膨らませた今年の桜は、沢山の蕾を一斉に開き大きな房となって重たそう。
二日間の雨と強風にも飛ばされずに朝の青い空に満開の桜は美しく映えて、華やかと言うよりは穏やかに今の日本の災害を悼んでいるように思えました。



 


地震に敏感で若い頃から小さな揺れにも気付く私にとって、この度の地震は震源地からは離れているとはいえかなりのショックだった。
もっともその瞬間よりは揺れと同時に起きた停電で電気が夜まで付かなくて、暗闇の中で頻発する余震を子供たちの安否も解らず情報もない中で独りで過ごした夜の怖さが後になって効いてきたような気がする。
しばらくは揺れていないのに揺れているような気分になっていた・・地震酔いと言うそうだ。
そしてまだ・・一人で遠くへ出かけることを躊躇する不安感を持っている。
まあ、無理しないでいれば自然に落ち着いてくることだろうけれど。。。


昔・・睡眠中でもガタガタ・・と来ると飛び起きて枕元の窓を開けようとする私に手を伸ばして
「だいじょうぶ、大丈夫」と言いながら次の瞬間にはイビキまじりの寝息を立てていた夫がいてくれた。
何の裏付けがある訳でもないけれど、その一言で安心したものだった。


 


 


ハルが鼻泣きをするようになった今年、「スウスウ・・」という泣き方はもしかしたら地震を予知しているのかもしれないと思うようになった。
一致する時があったからなのだけれど、確信ではない。


でもね、ハルちゃん♪  あなたの安心した寝顔はホッと安心の時間だよ~♪


 


 


昨日は地方選挙の投票所となった近くの高校の桜をハルと一緒に見に行った♪


「今日はココ入ってもいいの?」


「いいの!(^_-)-☆」


いつにもまして綺麗な桜にしばらく見とれていた(#^.^#)


 


            {/ZZZ/}{/ZZZ2/}{/ZZZ2/}{/複数ハート/}{/ZZZ2/}{/ZZZ2/}{/ZZZ/}


   紀州犬保存会東京支部では被災したワンコ達を保護されている
   宮城県の獣医師会へ支援金を送ります。
   4月24日(日)午後には六本木での募金活動を行います。