月別アーカイブ: 2010年9月

さむぼろ

嘗て、夫の口から「さむぼろが・・・」と聞いた時、意味が解らなくて聞いたことがあった。
それは怖い時、ぞっとした時、ビックリしたり興奮した時にも出ることがあるという、、、
あ~「鳥肌が立つ」という事ね~♪


 


あなたの家庭内で使った「幼児語」ではないの?
そんなことはない、、普通に使うよ~、知らないの?
等という会話だったか。。。


 


 


すっかり忘れていたけれど最近になってこの「さむぼろ」は方言であることが解った。
もちろん自分が知らなかっただけなのだけれど。。。


私が「蚊に噛まれる」と言うと「刺すだろう~」と言っていつも笑われたけれど
これも地方によって「噛む」と「刺す」の両方があるんですって!!


 


 


犬にとってこの「さむぼろ」に当たるのが、背中の毛が逆立つことのような気がする。
ハルにはこの症状が多く出る。
ほとんどが危険を感じる時。。


前から来る人は、自分に向ってくるようだ。。(・・とハルは思う)
こんな時、後ろから見ていると背中の毛が見事に立っている。
危険を感じながら草の匂いを嗅いでいる時に、その人は「面白いのね・・背中の毛の立った犬なの?」と聞く。
いいえ、貴女の事が怖いだけ・・とは言えなかった。(笑)


向こうから嫌いな匂いがしてくる・・あ、あの犬だ。(・・とハルは思う)
「だいじょうぶよ~」と言って通り過ぎる頃にはすう~っと引いている。
あ~よかった~っと思っているような時、プルプルプルンと興奮を冷ますこともある。


ハルの言葉は多い♪


今夜のハルです(^_-)-☆
ゴロンゴロン~^^♪

いくつからでも・・・学習♪

10数年間、まるで置いておくだけのようだったデジタルピアノがとうとうストを起こした。
少し前まではところどころ出ない音があっても弾いているうちに出たりしていたのに。。(笑)
コンセントの抜き差しをすると繋がる時もあるのだが、暑さにこちらの根気がなかった。
時々・・いや、たま~に何か楽器が弾きたくなる。
そんな時に付き合ってくれていたデジタルピアノだったけれど。。。


 


 


六十才を通過してから、かなりの年数が経ってはいるけれど♪
「60+Xの手習い」・・(^。^)y-.。o○
何もこんな暑い夏に始めなくても・・と思ったり「思い立ったが吉日」と思ったり。
間伐材を使ったエコウクレレの形が気に入って初めてのウクレレを買った。


楽譜も買ってはみたものの、自己流ではね~(@_@;)
体験授業を経て、スクールに通う事になった♪
さあて、続くかな~~♪  今のところとても楽しい(#^.^#)


 


 


 


そうしているうちに、婿さんがハワイからおみやげ(^_-)-☆
やはりこっちの方が断然音が良い(^_-)-☆
一度に「ウクレレ持ち」になってしまった(^^♪


 


 


 


 


もうすぐ6才になる一番小さな孫が、我が家に一晩独りでお泊りするという。
次の朝、ハルと一緒にお散歩行ける? 早く起きられる?
置いていかれることが嫌な孫は、「ぜったいに起こしてね」と何度も♪。


 


 


 


寂しがることも泣く事もなく、元気に一日を過ごした子は翌日迎えに来た両親に甘えながら強がっていた(笑)
こうやって少しづつ、大きく成長していくのだろう~♪
この子にとってもハルにとっても初めての出来事だった(^_-)-☆


 


 


 



 


散歩から帰ると庭の水シャワーで足を洗うのがハルの一日2回の日課である。
足だけではなく、ほとんど身体の表面を水洗いする訳だけれど、いつもは誰も見学者はいない。
その日、ちょうどその時間に居た息子が良い写真を撮ってくれた♪・・・思えば敬老の日・・・だわ(笑)


 


 


いつもの習慣としてやっていることだけれど、初めて見た息子は「大人しくさせるね~」と
感心していた。
確かに人に手を出されることを極端に嫌うハルだけれど、その時その時の状況で私がする行動は
何をされるかを解っているので文句も言わずにいるのだろう。
両足を洗い身体全体に水をかけた後、顔に移る。まずは口の周り、目の周り、顔を手のひらで洗って口を開けて水をかけながら歯を指でキュキュっとこする。


鼻から水が入らないように左の手でガードしているのをハルは知っているから、すべて任せてくれる。


 


洗い終わって「O~K」♪というとプルプルプルン~!!!
そしてタオルで拭きあげるのも大人しく・・・終わったら「いい子だったね~」と
散歩で残ったオヤツをゲットできる仕組みだ(笑)
散歩中食べきって帰宅すると、新たに家から持ってこなくてはならないけど。。。


 


 人間も犬もいくつからでも、どんなことでも、覚えていくことができる♪・・かな???

復活・・その2(^^♪ 

昨夜から降り出した雨は明け方には風と共に吹き荒れて窓から見る外の景色は白く煙っていた。
土砂降りの雨に目覚めて、ふとハルのベッドを見ると昨夜は階下で寝た筈のハルが丸くなって入っていた。


この涼しさはずいぶん味わっていない・・・久しぶりに布団を肩まで上げて伸びをした。
このような天候の時はハルも散歩を促さない・・小止みになるまで待っていてくれるので
却って、こちらが前回の散歩からの時間を数えてしまう。
良くチッチの我慢ができるものだなあ~(-“-)




普段のハル♪


 


 


 


 


登校する子供たちの声が聞こえ始めた頃、風が治まったのでレインコート替わりのごみ袋を付けて出発~っ!
それでも公園に着くまで一度もしない。。そして飛びこんだ草むらで15秒!!(笑)
少しづつ場所を変えて12秒づつ、2,3回。。。
あぁ~気持ち良かったね~~こちらまですっきりした。(ー_ー)!!


つい最近までこの、雌犬のやり方をしなかったハル。 いつも片足を上げて少しづつ何回も、
時には雄犬の後にそれよりも高く印を付けていた(笑)
すこう~し、女の子らしくなったのかな(#^.^#) まあ、今でも片足は上がっているけど(笑)


グランドは雨の池ができていて・・予想していたからこちらも長靴をはいてボチャボチャと水の中を一緒に歩く♪
嬉しそうに水の下の砂を両足で掻いて水を濁したり浮いている葉っぱを咥えたり。。。
溺れそうになってもがいているセミを小枝で助けたら、それに飛び付きそうになって
叱られたり。。(笑)  童心に帰っていた♪


そして胸まで届きそうな水からようやく出て台地に上がった時、予想もしなかった小動物が。。。
20cm位の身体にそれよりも太くて同じ位の長さの尻尾をしてスルスルスル・・・と木から下りてきた。
その動きをハルが見逃すはずはなかった。


身体中がキリッと緊張して見つめて、もう~追跡モード!!!
リスは木から木へ・・上から下へ。。。
ワンワンと声まで出すものだからカラスが何事?と飛んできた(笑)


ハルの目は確実にリスの動きを追って動くので、久しぶりにリードを持つ手に力を入れなければならなかった。
諦めたくないハルに「もう行っちゃったよ~!」と何度か。。。
「ビックリしたね~♪ あれはリスっていうんだよ」とオヤツを口に。。しぶしぶ諦めた。


この小さな公園でリスを見るのは初めて。。
目をキラキラと輝かせ、木にも登りそうなハルを見たのも久しぶりだった(^。^)y-.。o○
復活???(^^♪


 


 


 


9個もの花を咲かせた後、疲れと日焼けから葉っぱが白くなっている月下美人に
又花芽を見つけた~♪


次々と咲いているサンレモクイーンとハイビスカスも一緒に元気♪♪


涼しさにホッとして、かえって疲れを感じている人間も頑張らなくてはね。。。


 


 


 

復活♪

被害に遭われた方々にはもうしわけないけれど、待ち望んだ雨をもたらしてくれた台風は涼しい空気をも運んできた♪
日本海から上陸して関東を横切り、太平洋に抜ける台風なんてそうあるものではない!!


 


 


 


その涼しさに良く眠れた昨夜だったが・・・そう甘くはないのね(ー_ー)!!
今日の暑さにハルもへたっている。。
それでもこの二日間の涼しさはのんびりと散歩ができた♪


 


 


 


涼しくなってきたので、そろそろハーネスに戻そうかな~と思った。




 


 


 


 


 




 


しばらく首輪にしていたから又嫌がるだろうか~?
先ずは・・いつもと違う首輪にして見よう~♪
大きめのハンカチをバイヤスに使って、中に別のハンカチを八折りにして芯にし、
留め具を付けて作ったバンダナのようなユルユルの首輪だけれど、
今のハルなら「繋がっている」という事だけで大丈夫だろう♪
「今日はこれにしようね~♪」


 


暗くなり始めた田んぼはもう刈取の終わった部分と、昨日の台風で倒れた部分とがあって
少し雑然としていたが久しぶりのコースにハルは嬉しそうだった♪




 


そして翌朝・・・「今日はこれにしようね~♪」 
持ちだしたハーネスを嫌がりもせずに受け入れてくれたハル!(^^)!
ホッとした♪  良い子だね~ハルちゃん♪


これからも色々な物を受け入れて行こうね~(^。^)y-.。o○


 


 

9月になれば・・・秋はどこ?

113年前にはこんな暑さがあったのだろうか?
いや、なかったのだろう。
熱帯夜の連続記録が毎日更新されているほどの異常気象。。。


風も止まり、サウナのような真夜中にツクツクボウシが鳴いている。。。
蝉だってこの暑さを受け入れられないよね~(-。-)y-゜゜゜
夏の暑さに終わりは来るのか、、心配になってきた。


 


 


夕方の空全体が美しい鱗雲・・秋の空??


こんなに空が美しいのに地上の温度は下がる気配がない。
この後すぐに、空は赤く染まって明日の晴れを約束していた。。。


 


 


   


「せめてひと雨ほしいんですけど~  神様!!{/雨/}」と思いながら
散歩前の水撒きをしていたら
「困った時だけ神様に手を合わせるのね~・・・」と言うハルの冷ややかな視線を感じた(笑)


このところの散歩は陽が落ちてから。。
地面は完全には冷えてないけれど、風があれば少し涼しい♪


「もうちょっと待ってね・・」


 


 


 


 


 マンデビラと
センニチコウ