日別アーカイブ: 2009年7月23日

幼き日・・もやしとペットボトル♪

「もやしを10円、買ってきてちょうだい」
「お豆腐一丁、買っておいで」
「おからを買ってきて~」
夕方になると母からなにか頼まれて近くの店にお鍋を持ってお使いに行く・・
10才にもなっていない頃だと思う。


子供にとってそんなことが当たり前だった時代・・・
お店に行けば水を張った樽の中から、手で大雑把にもやしをすくって
「はいっ! 10円ね」とお鍋に入れてくれる
おからも同じように大きな塊をお鍋に入れてくれたように覚えている。


豆腐は水槽の中でスッと包丁を入れて持っていった鍋に。。。
「転ばないようにね~」という声に豆腐と水の入ったお鍋を水平に持ちながら
家に入るまで子供なりの緊張感を持って役目を終えるとホッとしたものだ。


醤油だって味噌だって、みんな量り売りだった!!!
エコだったんだなぁ~~♪  半世紀以上も前のこと~!!


その後醤油は一升瓶で売られるようになり、今では少量の小瓶が主流になった。
味噌も、豆腐もパックに詰められ、もやしだって袋に入っている。


結婚当初関西に転勤中、東京へ出張する夫に納豆のお土産を頼んだこともあった。
あちらではデパートの物産展くらいしか納豆は手に入らなかったころである。
それから40年後、日本ではどこにいても全国から一日・二日で欲しいものが手に入るような時代になっている。
便利だけれど、、自分だってネットで注文しては遠い地方の産物を手に入れているけれど、、
昔の暮らしがどこか懐かしい。
もう、そこへは戻れないのだろう。。。。。


 


飼い主の決心が伝わったのか・・・
今回のヒート中のハルは幼くて面白い♪  
ここ数年見向きもしなかった2リットル入りのペットボトル!! 
キッチンで私の足元からスッとくわえて自分の居場所へ持ち込んだ♪ 


 


 


 


 


 


でも、若い頃のような一心不乱なやり方ではない。
噛んでみては楽しんでいる。  キャップはすぐ取れた! 
ボトルの方をバリバリ~♪  
何度か凹ませては戻るのを見て・・・!!
「もう止めようかなぁ~♪」


 


 


 


ハルも若き日々を思い出しているのかしらん?


 


 


 


 


 


 


ハルが庭にいない時に時々やってくるキジバト♪
振り向いてくれた(*^_^*)