月別アーカイブ: 2009年7月

幼き日・・もやしとペットボトル♪

「もやしを10円、買ってきてちょうだい」
「お豆腐一丁、買っておいで」
「おからを買ってきて~」
夕方になると母からなにか頼まれて近くの店にお鍋を持ってお使いに行く・・
10才にもなっていない頃だと思う。


子供にとってそんなことが当たり前だった時代・・・
お店に行けば水を張った樽の中から、手で大雑把にもやしをすくって
「はいっ! 10円ね」とお鍋に入れてくれる
おからも同じように大きな塊をお鍋に入れてくれたように覚えている。


豆腐は水槽の中でスッと包丁を入れて持っていった鍋に。。。
「転ばないようにね~」という声に豆腐と水の入ったお鍋を水平に持ちながら
家に入るまで子供なりの緊張感を持って役目を終えるとホッとしたものだ。


醤油だって味噌だって、みんな量り売りだった!!!
エコだったんだなぁ~~♪  半世紀以上も前のこと~!!


その後醤油は一升瓶で売られるようになり、今では少量の小瓶が主流になった。
味噌も、豆腐もパックに詰められ、もやしだって袋に入っている。


結婚当初関西に転勤中、東京へ出張する夫に納豆のお土産を頼んだこともあった。
あちらではデパートの物産展くらいしか納豆は手に入らなかったころである。
それから40年後、日本ではどこにいても全国から一日・二日で欲しいものが手に入るような時代になっている。
便利だけれど、、自分だってネットで注文しては遠い地方の産物を手に入れているけれど、、
昔の暮らしがどこか懐かしい。
もう、そこへは戻れないのだろう。。。。。


 


飼い主の決心が伝わったのか・・・
今回のヒート中のハルは幼くて面白い♪  
ここ数年見向きもしなかった2リットル入りのペットボトル!! 
キッチンで私の足元からスッとくわえて自分の居場所へ持ち込んだ♪ 


 


 


 


 


 


でも、若い頃のような一心不乱なやり方ではない。
噛んでみては楽しんでいる。  キャップはすぐ取れた! 
ボトルの方をバリバリ~♪  
何度か凹ませては戻るのを見て・・・!!
「もう止めようかなぁ~♪」


 


 


 


ハルも若き日々を思い出しているのかしらん?


 


 


 


 


 


 


ハルが庭にいない時に時々やってくるキジバト♪
振り向いてくれた(*^_^*)


 


 

梅雨明け!!!

朝から暑い~~!!
散歩から帰ってゴミを出しに行き、いつものようにハルにシャワーの水を掛けてタオルドライ♪
しばらく庭にいたが暑さに少々熱中症気味になった・・・危ない危ない!!


明日はお盆のお経を挙げにお坊様が見える。
いつもお寺さんが見える時は暑さが増して、僧服がお気の毒になるが
自分でお経をあげられないので年に一度の読経をありがたく思う。
今年も梅雨明け後一番の暑い日になることだろう<(_ _)>


 


ハルは今、最後となるヒートの期間中である。
前回出血を伴わなかったことも関係するのか、今回は量が多く寝ていても起きていてもあちこち汚される。
外のハル用の洗濯機は毎日動いているし、ハルの後ろを追いかけるように拭いてまわっているので我が家はいつもより綺麗かもしれない?(笑)
この仔はオムツを付けた事がないけれど直接でも拭かせてくれるのでその点は楽なのだが。。。



 


 


今回が終わったら手術をして頂くことに決心した。
もういいよね~ハルちゃん♪
今まで頑張ってきたのだからこの辺で女の子やめても。。。


仔犬のうちに避妊手術を勧めていることも知っている。
しかし個人的な考えとしては、その期間のきちんとした対応で雌犬であることを全うさせた方が良いと思っている。
今までの犬達もその思いから過ごしてきたが、雄犬のムクは前立腺の病気になり、8才の時に去勢した。



 


 


ここ数年の行きつ戻りつの思いは今までの期間中のハルの状態を思う時、ようやく今回、手術を決めて感慨深いものがある。


この手術を終えてハルはどんなふうに変わるのだろうか・・・?
何も変わらないかもしれない。
でも半年に一度の苦しみはないからね・・手術、頑張ろうね♪
外では元気なハルも家の中ではお疲れモード。


秋になったらハルは優しくなる??? かな?? (笑)


 


庭に出したブーゲンビリアが日差しに明るく映えている。


 

梅雨の合間に・・

梅雨らしい梅雨・・と言えばそれまでなのだが、雲の動きで日が射したかと思うとパラパラと大粒の雨が落ちてきて・・・


その晴れ間に、伸び放題のモッコウバラやナニワイバラの枝を切り詰めたり草取りをしなくちゃぁ~・・・庭へ出る♪
薬のせいだけではなくほとんど痛みを感じていないように見えるハルもいっしょに出てきては点検作業に参加!(^^)!


稚児笹は彼女のお好みである♪ 新芽をつまんでは食べている。
トカゲの匂いでもしたのか、ハッとしたように隅の方を鼻を付けながら移動したり。。。
このまま元気になってほしい(^-^)


 




 ピンクだった紫陽花がまた変化してきていた。


この色もとても素敵!!!


 


 


 


 


 


 先月末、夏の大祓いの日に神社の前には茅の輪と呼ばれる大きな輪が作られていた。


本来のくぐり方があるのに・・たしか前に八の字にくぐったことがあるのに
すっかり忘れていた(;一_一)
だ~ぁれもいなかったので記念写真♪ [カメラ]‥^=)~☆パチリ!


 


歩道の植え込みに花魁草(オイランソウ)と呼ばれる花を見つけた♪
(この花は後から西洋風蝶草であることが判明しました{/まいった/})


名は体を表している♪
中々華やかな花である。


 


 


 


 


庭ではようやくトマトが赤くなってきて・・収穫♪
ホロニガくんニガニガくんというゴーヤも一つづつ。。。


でも、この後は続く???
トマトの方は色が付いてくれば良いのだがゴーヤはまだ花が少ない(;一_一)


梅雨が明けて本格的な夏の太陽の光が降り注げばこの南国生まれの植物は大きく育つことだろう~( ^^) _U~~


梅雨明けはまだ遠いのだろうか~~!


   {/波線/}{/波線/}{/晴れ/}{/晴れ/}{/晴れ/}{/波線/}{/波線/}


 


 


 


 

追悼

愛する妻と共に4頭の紀州犬を育てていたM氏という若者がいた


公私ともにこれからの人生は素晴らしいものだと
周りにいる人々にも感じさせていた彼が、何の前触れもなく
突然の心臓発作に襲われてあっという間にこの世を去ってしまった


どんなことにも嫌な顔一つしないで冗談混じりに話す明るい性格は
皆から好かれていたに違いない
またひとつ大切な、大切な命の灯がわずか38歳という時間で消えてしまった
告別式に飾られた明るい笑顔の写真が皆の涙を溢れさせる


突然に一人残された奥様の悲しみは想像に余りある
今は絶望のどん底に叩きつけられているけれど
どうぞ時間はかかってもその淵から生きていく灯を見つけて欲しい


 


Mさん、紀州犬保存会ではたいへんお世話さまになりました
ハル共々感謝申し上げます
貴方様のご冥福を心よりお祈りし謹んで哀悼の意を表します


                            合掌