月別アーカイブ: 2009年5月

子育て

昔の家庭風景の中に寝る時は川の字になって・・とある。
住宅事情もある、、と思っていたが現代の10才以下の子供たちのお母さんたちも
子供と一緒に寝むことが多いというアンケートの結果があるようだ。


子供たちの家庭を見ても同じようで、そういう風潮になっているのかと納得してしまった。
自分の子育ての時は会社の社宅で2DKや3DKのアパートではあったけれど
子供たちと自分たちとは別の部屋にしていた。
夜遅く帰る夫が着替えたりするのは子供の寝ている部屋ではない方が良かったし
帰りを待ちながら自分の時間を持ちたかったし・・・自然にそうしていたのだけれど。
今は妻も仕事を持っている事が多いから早く寝んでしまうのかしら。。。


だから我が家では赤ちゃんの時から子供とは別々である。
一般にはそうではなかったのだろうか~???
今更ながらではあるけれど、テレビの番組を見ながら疑問が湧いてきた。


 


 


 


プランターに植えたトマトとキュウリ・・・キュウリは早くも実を付け始めている♪
トマトも花が咲いたのでもうすぐだろうか~?
植物も子育て?


 


 


 


 


家の周りでも小さな野鳥たちが大騒ぎする声が多くなった(>_<)
カラスが雛を狙っているようで、バサバサという羽音を立てながら低く飛んで行く。


珍しい鳥という事を聞いたハッカチョウも子育て中である
交差点近くの交通標識の裏側の鉄管の中でもチョウダイ、チョウダイという雛たちの声がした。
道路の反対側から遠くではあるけれどカメラを持って待ち構える(^-^)
向こう側の家の人に怪しまれたかしら~(笑)
休みなく二羽で交互に中へ入っていっては出てくる。
いずこも親はたいへんである( ^^) _U~~


 


 


 


 一才ユズの赤ちゃんも見つけた(^^♪


 


 


 


      {/波線/}{/むかっ/}{/ZZZ2/}{/晴れ/}{/くも/}{/雨/}{/ZZZ2/}{/むかっ/}{/波線/}


 


 


 


 

ハッカチョウ

ピコちゃん、テンちゃん、ジャンボ・・長い間、歴代の我が家の雄文鳥たちの囀りで目覚めていた♪
文鳥の雄は個体それぞれで歌が違う♪ 数羽のオスがいてもどの仔が囀っているかは飼い主ならわかる♪
まあ、ウグイスでもホーホケキョと言えなくて笑顔を誘うような囀りをする仔がいるけれど(^-^)。


そんな朝を思い出させるような大きな声で美しい色々な歌が聞こえる・
♪ 
ピィ~~ホロホロホロ・・・キュルキュルキュル~~♪
いったいどんな鳥なのだろうか~??  とても不思議だった。
見上げても目立つような鳥はいない。
もしかして・・・!!  ムクドリと一緒にいることが多い黒い鳥を以前から不思議に思っていた。
全身黒に見えるが飛ぶと羽に白い線が現れる・・・ネットで検索していたらヒットした!!


 


「ハッカチョウ」  スズメ目ムクドリ科
主に西日本に生息しているが最近は東の方でも見られる・・と。
頭にトサカのような飾り羽がある。


写真を・・・といっても遠くて小さいけれど前の家のアンテナにいるところをパチリ♪
確かに頭の上にチョンチョン!とある(*^_^*)・・これだ!(^^)!
姿はあまりぱっとしないけれど歌声は最高~♪
渡り鳥なのだろうか~??  一年じゅう聞いていたい気がする( ^^) _U~~



珍しい色のカーネーションのアレンジが届いた{/複数ハート/}(^^♪


ハルはこれまたキューキュー言うクマちゃんに夢中{/揺れるハート/}♪


雨上がりの新緑の公園は清々しい(*^_^*)


 


 


  ☆水辺のハッカチョウの写真はネットから拝借したものです。

ゴールデンウィーク

小学校6年生と3年生になる孫たちは地区のサッカーチームに入っていて
休日ともなると練習・試合に明け暮れている。


お世話をしてくれるのはその父兄たち・・何人かの父親がコーチを引き受けたり
母親たちも何人かづつ付き添ってくれているようだ。
単身赴任中の息子も帰宅している時は見学や送り迎えなど
サッカー漬けの日々である。



このゴールデンウィークもリーグ戦が始まっており、ちょうど上の子の試合が我が家に比較的近い学校のグランドであるというので
「おばあちゃん」も見学に~~♪


残念ながらあまり強いチームではない。。
コーチの声もついつい怒鳴っているようで・・!!!
二つの試合を見たが「引き分け」と「負け試合」となり
ゴールキーパーの孫は悔し涙・・(-“-)
そりゃ~~ワールドカップ戦のようには、いかないわね~(笑)


でも試合に勝つために自分なりに懸命に走りボールを蹴っている子供たちは
日々確実に成長していることだろう。


 


 久しぶりに会った息子と下の孫にハルは大喜びでペロペロ攻撃をしていた( ^^) _U~~



 


   ひやぁ~~やめてぇ~~!!!


 


 


毎年恒例となった田んぼでの鯉のぼり・・今年も増えたのかしら。。。
田んぼではミニコンサートが行われていた♪

柴犬のA君の家のベランダからは素敵なのぼりが下がっている。
A君、ちょっと怖いのかな?  ハルもひらひらする幟は嫌いなので
鯉幟の側を通過するときは尾が下がる(笑)


 


 終わった株からまた花芽を持ち上げてきた岩花火〈レウィシア〉の美しさにびっくり!(^^)!  
「綺麗ねぇ~♪ ハルちゃん?」・・・「アタシのこと?」 「えっ! も、もちろん!(;一_一)ですとも。。。」


 


  {/波線/}{/揺れるハート/}{/ZZZ/}{/サッカー/}{/ZZZ/}{/揺れるハート/}{/波線/}


 


 

70年の歳月♪

TVのドキュメンタリー番組でしみじみとした感動を覚えた♪


鰹(かつを)の一本釣りの漁船の船長さんは御年93才である。
ご自分の持ち船だが年代物なので時々動かなくもなる。


独りで漁に出る毎日であるがこの頃は妻が一緒に乗るようになった。
奥様の年は89才。。。
「今まで一緒に漁をしたことはなかったが、生きている内に海を見せてやろうと思った」という夫。


独りで船を動かし、仲間の舟からの情報も得ながら一本釣りにいそしむ夫を心配そうに見守る妻。
「体も弱ってきているので一人で船に乗っていてどうにかなったらと・・傍で見ていてやりたい」
またこうも言われた・・「沖で舟から落ちたなら自分一人ではとうてい助けることはできないだろう・・その時には自分も飛び込むかもしれない」


漁から帰って普段の買い物にも二人して自転車で出かけるようになった。
「若い頃は家庭のことなど手伝ったことはないが、足の弱くなった妻を少しでも助けてあげられるなら・・」
頷き合いながら買い物をしている姿はまるで新婚の夫婦のようだった。


 


 


特に見る気もなく見始めたこの番組だったが、結婚70年を経たご夫婦のお互いへの思いやりと愛情が切々と伝わってきて見終えても心が温かかった。


ご夫妻に幸多かれとお祈りすると共に
感動を下さった番組に感謝します♪


               {/ZZZ/}{/ZZZ2/}{/揺れるハート/}{/ZZZ2/}{/ZZZ/}