月別アーカイブ: 2008年6月

イチ君、安らかに。。。

紀州犬・市城号が旅立った・・・イチ君の14才7か月の生涯は幸せだったと思う。


市城号は横浜で生まれ父犬、母犬と別れることもなく終生生家でご家族に可愛がられて過ごし、
しかも日本犬保存会、紀州犬保存会の両展覧会でも優秀な成績を残してこの世を去った。


2002年のイチ君 ↑




イチ君に初めて出会った2000年9月・・ハルは2才、イチ君は7才になる少し前だった。
ハルに比べると一回り以上も大きくて立派である。
他の犬には厳しくて・・と言われる飼い主さんを驚かせるほどハルには優しく接してくれた♪
しかし兄妹のように仲良いのに子供をとることができずに以来、8年が過ぎていた。


↑(久しぶりに会って「おにいちゃ~ん!」と近づくハルに「そんなこと言われても~」と困った表情のイチ君・・2001年5月)


2006年12月の老夫婦のような落ち着きのイチ君とハル(^^♪



 


 


 


 


 


 


犬には厳しくても人には優しく、大きな体で存在感のあるワンちゃんだったイチ君♪
きっと今頃はお父さんのホワイティー君、お母さんのメゴちゃんに会って、甘えていることでしょう(^-^)


ハルと仲良くしてくれてありがとう~{/複数ハート/}
あなたのこと、いつまでも忘れないからね~(^。^)y-.。o○
ご冥福を祈ります<(_ _)>    


 



近視と老眼鏡

私が20才で大きく「眼鏡使用」と書かれた運転免許証を手にした頃は
コンタクトなどはあまり普及していた時代ではなかったので
眼鏡を忘れて運転したならばすぐに見つかってしまったことだろう。


時代とともにコンタクトレンズをする人が増え、手術などでも目の矯正が出来るようになった。
今は眼鏡をしていなくても違反を取り締まるのは難しいかもしれない。


近視の眼鏡をかけるのは今ではもっぱら運転中(*^_^*)である。
映画を見るときに字幕を読むのにも必要だが、そういえば最近映画館へ行かなくなった。。。


3年程前に初めて作った老眼鏡・・最近は「老眼鏡」とは言わずに「手元眼鏡」というらしい(?_?)
どちらでもいいが・・この老眼の度が進んだようで見えにくくなり新しく作ることになった。


眼科で眼底検査を終えて、メガネ屋さんへ・・
最近の検査は随分詳しく見てくれる・・その結果は近視はだいぶ取れてきたが
乱視が進んでいるとのことで、近視用の眼鏡と手元用の眼鏡の両方を新調することになった。


近視用の方は薄い色を入れてサングラス兼用とし、今までのフレームを使ってもらえた!(^^)!
手元用は「中近兼用」・・聞きなれない言葉に{/ZZZ/}{/!?/}{/ZZZ/}・・・


本を読む距離(近)とそこから目をあげてパソコンを見る距離(中)との二つのレンズを
組み合わせてくれるそうで、出来上がって使ってみると微妙な距離で焦点の違いがわかり、なるほど~と満足した(^。^)y-.。o○


 


今のところ私にもハルにも白内障はない(^-^)
10才を過ぎたハルも4月の展覧会の審査で目の色も大丈夫と言われたので
まだ白くはなっていないのだろう
眠っているハルを見るとさすがに年を感じるけれどハルもこちらを見て
同じことを感じているのかもしれない・・{/波線/}{/むかっ/}{/森/}{/むかっ/}{/波線/}


 


 よい香りを放ってスィートピーが弦を伸ばして咲き始めた



 昨年のこぼれ種からのナスタチュームもあちこちに顔をのぞかせている(^^♪


 アメリカンブルーも昨年のもの{/嬉しい/}{/音符/}


 


 


 


 

青天の霹靂

17歳を過ぎたハルの友達犬弁慶君は腰も弱くなり胴輪で吊っての散歩と介護を
毎日明るくこなしていた彼女だった。


電話器が彼女の名前を表していなかったら
受話器の向こうの男性がどなたかは理解できなかったろう。
「昨日亡くなりました・・・」
一瞬、いよいよ弁慶君が・・・という思いと、なぜご主人が・・と・・頭をよぎる。


「くも膜下出血で、帰宅したら・・・」
「えっ?・・あの・・どなたが・・・・」という問いに「家内です」
返す言葉がなかった。
呆然とされているご主人が我が家の電話番号を見つけ出して
かけてくださったのだ。


私よりもずっと若い50代半ば。。。溌剌とした言動は小気味よくて
いつも励まされていたのに。
夫が亡くなった時、私が体調を崩した時もハルと弁慶君を一緒に散歩して
下さったり、出会えば「ハルちゃん元気~?」と声をかけてくれた彼女。


数か月前、もう一人の友人と三人で彼女のお勧めのレストランで昼食を楽しんだばかりなのに・・・。
あまりにあり得ないことに思えて信じられない。
突然の出来事はきっと彼女だって理解できていないだろう。

途方に暮れたご家族と友人知人を悲しみに包み、葬儀が終わった。
心よりご冥福をお祈リ申し上げます。 
貴女の愛するご家族をお見守りください<(_ _)>        


                           合掌

散歩コース

あたりまえだが梅雨に入って雨の日が多い。     
今年がいつもとちょっと違うのは雨の日は気温が低いので
今までのところ、蒸し暑さでベタベタすることがなくて
散歩は大助かり~♪


 


朝の公園巡りと違い、夕方の散歩は歩くことに重点を置いているので
家を出たときからしばらくは早足で歩く。

いくつかあるコースはどれも4㎞ぐらいだろうか・・
何年か前はもう少し外回りしていたけれど、今は
「距離は短く、行きは速いが、帰りはゆっくり・・・」(-。-)y-゜゜゜


 帰り道では途中のお宅のお庭を覗いて立ち話したり、      
農家で野菜や卵を買ったりしながらのんびり帰ってくることが多くなった。


そんな時のハルは至極おとなしい(^^♪
自分に手を出さない人との立ち話には、傍で話が終わるのをじっと待っているので居ることを忘れるくらいだ(^-^)


 


 



 


 


 


 



このコースには田んぼや畑があり、造られた小川には山からの水が流れている。
田圃にはカモやコサギが姿を見せることも多い。
ハルはコサギが飛んでいると、どこまでも追いかけたがる。
けれど複数が田んぼをつついている姿には、見て見ぬ振りを・・(?_?)
どうもこの仔は「団体」に弱い(笑)


堰き止めて田んぼに入れ終わった水は、また小川に戻されて
途中に一つだけある水車を元気よく回している♪
この力を何か役立てても良いような気もするけれど(?_?)


ハルも私も気に入っているこの道を、雨が降っても三日に一度は歩いている(^。^)y-.。o○


 


 


 


 


 


 

一日だけの晴れ日♪

土曜日は暗くて寒い雨の一日だった
本当はこの日を予定していた孫たちの小学校の運動会は
グランドコンディションを心配しながら過ごした


日曜日の朝は空気は冷たいままだったが明るい光の中を
いつもより早い時間の散歩を終えて、一緒に行きたそうにして見送っているハルを家に残し目的地へ・・・



5年生と2年生がいると運動会を見るのも忙しい


徒競走、団体競技、ダンスがあり午前と午後の終わりはそれぞれ低学年と高学年のリレーで締めくくる。
二人とも足が速いようでリレーの選手だった。


 


「敬老席」と書かれたテントの椅子へ座ったらお茶とお菓子が出て
なんだか得した気分(笑)
周りを見ても同じくらいの人達だったので堂々と座っていた(--〆)


お昼休みは体育館でみんなでお弁当~♪
お嫁さん手作りの料理は朝5時半起きして作ったそうでとても美味しかった
トンカツ、鶏肉から揚げ、フライドポテト、マカロニサラダ・・
それにおにぎり!(^^)!
私の用意した果物も添えてお昼ごはんの時間は楽しい会話とともに過ぎた♪


 


子供たちのよく食べること(^。^)y-.。o○
見ているだけで嬉しくなるほどで目の前のごちそうは見る見るうちになくなっていく(^-^)


危機が叫ばれているこれからの地球で生きていく人生を
孫たちが心身ともに健やかに過ごせるように願ってやまない。


          {/ピカピカ/}{/ZZZ2/}{/クラブ/}{/ZZZ2/}{/ピカピカ/}


ハル、ただいま~♪
ハルは来なかったの~? って言われたよ~(^。^)y-.。o○



 


 


昨日のあの好天気は空からの贈り物のようだった♪
曇り空の午前中だったがお昼にはまた雨が降り出した。
開港記念日・・・横浜の公立学校は今日はお休み(^^♪



 気付かないうちにキュウリが一本だけ大きく育っていた(^^♪


あ、トマトも小さなのが見えた・・・
これから赤くなれるだろうか~(^。^)y-{/嬉しい/}