月別アーカイブ: 2007年8月

いきなり饅頭♪

 

青木昆陽という人のお墓が東京の目黒不動(瀧泉寺)にある。
何年生だったか・・社会科の学習で目黒の歴史・史跡などを
調べているとき、さつまいもの栽培を
日本に広めた江戸の蘭学者で
後に甘藷先生と呼ばれた人だと知った

 

甘藷は「さつまいも」と言うのが一般的だろうが
九州の人は「カライモ」と言っていたようだ
本州の人は九州から来た薩摩芋と呼び
薩摩の人はもっと西の唐の国から来た唐芋
言ったのだろうか・・・
父が熊本なので、もしかしたら熊本だけが
カライモ」と言うのだろうか?

 

戦後母が作ってくれたお菓子に「いきなり饅頭」と
呼ぶものがあった
母のオリジナルなのか、元々あるものなのかは知らない。

 

メリケン粉(小麦粉)をこねて作った皮の中に
お饅頭なら入る筈の餡の代わりに、
さつまいもの輪切りを入れて包んでいた。
「いきなりお芋が入っているからよ」と言う母・・・
お砂糖も小豆も手に入り難い時代の話である

お饅頭が蒸し上がるのを今か今かと
待っていた子供時代が懐かしい
サツマイモの天麩羅を食べるとき、同じ味がして
ふと思い出す名前でもある

 

 

 

 

厳しい暑さが続いている・・・
涼しい秋の待たれるこのごろである

 

 

ものは考えよう~

運転免許を取得して, 始めの十年はペイパードライバーだったが
その後30年以上も無事故できたことを
密かに自慢にしていたのに、昨年は買い換えたばかりの車で
一時停止をしないで右折してきた車との事故にあった

 

もう二度と会いたくないと思って特に注意をしていたのに・・・
今日は雨だから気を付けようと思いながら運転していたのに・・・

 

左車線から前に入ってきた車に少し違和感があった・・が
その車は前の信号が黄色になったとき止まった。
「あぁ・・普通の車だわ(^。^)」そう思って気を抜いた

 

ところが信号が変わって走り出した前車は、少し行ったところで
急に右折ウィンカーを出しすぐに止まってしまった。
「えぇ~っ!・・」急ブレーキをかけて止まった・・と思った。だが
その直後、後ろからドォ~ン~~ドン!と突かれて前の車にドン!

 

警察官がパラパラと数人出てきた・・・・?!早い。
そこは警察署の前だった。
「怪我はないですか?」「大丈夫です」
「指示があるまでそのまま中にいてください」「はい」

 

その後、降りてみて驚いた
自分の車の後は軽自動車・・それが前も後もぺしゃんこ!!
見る影もなくつぶれていて、乗っていた人は首を押さえていた。

 

4台の玉突き事故だった。軽自動車の後は大きな車。
その車に全ての責任が被さるそうだ・・・
前の車が急に止まりさえしなければ・・と思うが。。。

 

前車がおかしな動きをしたときから見ていた人がいて
目撃者として全てを話してくれたらしい。
「二台目は(私の車)は止まれていた」・・・と言われて
自信を失いかけていた私はホッとした。

 

なんともないと思ったが警察に言われて整形外科へ・・。
湿布を頂き、「頚椎捻挫二週間」と書かれた診断書を警察へ提出。

 

ところが翌朝になったら首が・・上を向けない・・・湿布湿布!!
あの先生、名医かも♪
一週間おかしかったが、少しづつ良くなっている・・事故から12日目。

 

去年に続いて事故が二度・・・この車のせいかしら・・と
つぶやく私に警察官は
「じゃ、この車に二度も命を助けられたのですね♪」
ああ~、そうですね~本当にそうですね♪

 

物事は良い方へ考えた方が幸せに生きていける♪

 

                         

 

 

 

 

      那須どうぶつ王国の猫バス
と、ご近所へのお客様が乗ってこられた大型バス