月別アーカイブ: 2007年5月

初収穫なのに・・・

お皿の上の一本のキュウリ♪               
待てなくて10cmで枝から切り取ってしまった
トゲのような産毛がピンと張って・・これは
自分の身体を守っているのだろうか

塩を付けて口に入れるとカリッと良い音がした
「おいし~い!」
20年ほど前に作った時よりも感激が大きいのは
年のせい?

 

切り取ってすぐにハルに見せた
何も興味を示さない

 

ジャンボも知らん顔!

 

         

 

 

 

  二人とも何も感じないらしい・・・
当たり前かな・・・(笑)

 

  予定ではこれから次々できるからね
その度毎に見せてあげる!!
食べる気はなくても見てちょうだいね♪

朝の目覚め

ホーホケキョ♪  透き通った大きな鳴き声で目が覚めた今朝 5:00am    
「庭に来ている♪」・・・昨夕も聞こえた鳴き声のウグイスだ♪     


そういえば去年は可笑しなイントネーション
のウグイスがいたっけ!
変なところにアクセントをつけていた
あの鳥はどうしたかな・・
鳴き方が上手になったか、どこか別の
場所へ行ったか・・・
素早いので飛び立って次の枝へ行く
「線」でしか姿を見ていないが元気に
暮していて欲しい♪


 


あちこちで嫌われ者のカラスの中にも
その頭の良さでハルと私を覚えていて
朝の散歩で見つけると飛んできては
ハルの朝食のフードをうまくキャッチしていた
カラスがいた
カーコと勝手に名付けて呼んでいた


いた・・・と言うのは、今年に入ってから
一度も姿を見ていないから。
どうしているのだろう~
                   朝の楽しみの一つだったのに・・・
                                                      また逢いたい!


 


数年前の一時期、目の前の家が牛乳配達のステーションとして貸されていた。
夜から朝にかけて、車の出入りと話し声、牛乳ビンの音に悩まされ
寝不足の日が二年ほど続いて体調を崩したことがあった。


そのころを思い出すと、現在の朝はとても幸せな時間である


← ローズゼラニウム   とても良い香り~



   


 


 


ガザニア ↑

地域に恵まれて

40年ほど前に山や谷を切り開きニュータウンとして      
造成された住宅地は、ちょっとその区域を出れば
昔から地に根付いた人々の暮らしがある


鶏を地面に放し飼いして卵を得ているMさん。
息子さんがイチゴのハウス栽培、小玉スイカ栽培を始めて
三年になるだろうか・・畑では季節の野菜も作っている。
息子のお嫁さんにブドウ栽培を任せているKさん。
浜梨という横浜ブランドの梨の栽培農家も多い。
それぞれの山では竹の子も取れている。


朝市も開かれているし、各農家を訪ねてもそれぞれの
作物を分けてもらえるここの暮らしは私には天国のよう♪


ハルのお陰で散歩で顔見知りになって話も出来るし    
旬の新鮮野菜が食卓に上るのである・・・(*^_^*)



散歩途中の農家の畑では収穫に励んでいる
その野菜が翌日の朝市には「一袋100円」で
並んでいる


100円・・・数粒の種からたくさんの収穫が
あるだろうけれど
その価格は労力の代償にしては低すぎる!
こちらはありがたいが・・・

子供のころに親に言われた言葉
「お茶碗のご飯粒はひとつも残してはいけない。     
たった一粒の米でも、出来上がるまでに一年掛けた
お百姓さんの苦労の賜物だから・・・」
この言葉は子供にも伝承したつもりだが
本人達には理解できただろうか(~o~)


 


ふとした衝動買いでキュウリとミニトマトの苗を買った。
育てる喜びを味わうために・・・(^_-)-☆
手元で実りがあることを祈りながら・・・