月別アーカイブ: 2006年12月

クリスマス☆☆ミ


 雪もなく比較的暖かいクリスマスイブと
なった今日、息子と下の孫とが
訪ねてくれた
約束の本を早く手にしたかったのかな?♪

このところ寂しかったのかハルは
二人にお愛想しまくって・・
よほど嬉しかったのだろう(^^♪


 


 


年の暮れになると店の商戦に
合わせることもないのに
どこかの部屋の照明がチラチラと
言い出し始める


一週間ほど前から客間の電灯の
付き方がどこかおかしい・・・
そして昨夜は突然洗面所で・・・


ちょうど良いところへ背の高い人が
来たものだ♪


次の春一年生になる孫と久しぶりに
逢って子供の成長の速さに驚いた


いつもおにいちゃんの後ばかり付いて
歩いていると思っていたのに・・・。
今日は一人でハルと仲良くなったようだ


ハルにも私にもクリスマスプレゼントの
ような一日だったね♪


  メリークリスマス!!U^ェ^U ワン♪


 ピンクのノボタン ↑



  


 


 

公園の冬の空

冬の公園というと暗いイメージがあるけれど・・・

若い新芽や桜の花が華やかな春!

成長したたくさんの葉が涼しい木陰を作り
汗をかいた身体が涼しく気持ちの良い夏!!


紅や黄に染まった葉が先ずは樹の上で、
それから落ちた地の上で人を暖かい気持ちにしてくれる秋!!


そして冬は樹木が深呼吸をするように大空へ手を伸ばし
軽くなった枝に陽の光を当てた後、太陽は地面にまで届く。


落葉樹の多い冬の公園は
大きな空が広がって明るい。



小さな空間にも四季を感じるように
庭の手入れもしないと自然に
申し訳ない気がしてきた・・・


 


            


         もうすぐクリスマス・・
                    ホワイトにはなりそうもない。





 

時が過ぎて・・一年♪

冷たい雨に包まれた朝の公園は深い色の樹木が
思いがけないほどの美しさだった。
吸い込まれるような紅葉の赤、その隣には
辺りの暗さを照らすようなケヤキの黄葉が大きく空に手を伸ばしている。

しばらくの間見とれていた・・・何を見ていたのかハルも
そのままじっと動かないで立っていたようだ。


カメラは持っていなかったけれど、もし手の中にあったとしても
私の腕ではこの色は写せない・・・
葉の一枚一枚が美しい秋の終わりを伝えていた


少年野球の練習が雨で流れ、コーチが二人屋根の中で話をしている
グランドの真ん中では鳩の群がなにかをついばんでいる。
ハルが顔を見た、「ハト、ゴー」と言って放してやると
「わんわん!」と言いながら楽しそうにグランドをまわって
鳩達を舞い上がらせ、わたしの元へ帰って来た。
良い子だったね~と首をなでてやるととても嬉しそうだ
二度そんなことをして遊んだ


少し前まではハクセキレイのキビキビとした動きを追い
低く飛ぶ鳥の後を疾走していたのに、この頃は
「ほら、チイチイがいるよ」と言っても見て見ぬふり・・
もうあの後を追う気はないようだ。


植物も動物も己を良く知っている。
すべてを受け入れることを・・・


ハルは臆病で性格のきつい方だと思う。
自分に何かしようとする他人に触られることを嫌うが
私には何でもさせてくれ、気持ちを解ろうとする良い犬になった。
来年春には9歳にもなる犬と心通わせることは
幸せなこと・・と時が無駄には過ぎていないと実感している


何も知らないままにブログを開設してちょうど一年経った。
後押ししてくださったkimamaさん、ありがとうございました。
訪れてくださっている皆様、感謝申し上げます。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。



                                   
数日前の天気の     良い日、落葉した銀杏の下で・・・
        →


 


 


12月3日紀州犬保存会東京展での参加賞♪
ハルは参考犬で出して頂いた(^_-)-☆  ↑


 

12月(^_-)-☆

師走・・・師も走るほどに忙しい          
12月はなぜか気ぜわしい月・・


子供の頃、ひとつの不満があった
それは・・・
12月に誕生日が来るのに、その後のクリスマスとプレゼントを
一緒にされてしまうこと!!
子供には切実だったのだろう♪

そんなに悔しかったのに、しかし教訓とはならず、自ら愚かな選択をしていた。      


そして、結婚記念日と誕生日を同じにするとは・・・「なんてバカなことを~!」と
何年もの間思い続けていたのである!
そんな日がもうすぐ来る・・・何回目だろうか


クリスマスの月に入りあちらこちらで輝く美しいイルミネーションや
クリスマスツリーを見て、その光にいろいろな人の顔が浮かぶ・・・


サンタさんは、ほんとうにいると信じているのは幾つくらいまでだろう♪


      
  祈りと願いの
   静かな
クリスマス


  少し飾ってみようかな
  
     
     (*^_^*)