日別アーカイブ: 2006年8月16日

動物病院

手術から二週間経ち、いよいよ抜糸の日が来た。

 

手術の日は何をされるのか良く解らなかったからか比較的大人しく麻酔をさせてくれたが・・・今日はそうはいかなかった(-_-;)

今朝、「先生に耳を診せようね~」と話した時からモンクありそうな顔!(笑)     病院へ行かない・等とダダをこねる仔ではないハルは、着いてから一応は挨拶をした。

しかし、その後精神安定剤の注射を持ってきた先生に「ガオっ!!」・・・突然の変貌にビックリさせてしまった・・・やはりね~そうだろうね~!。

神経が立っているのか、安定剤が効かない!    預かります・と連れて行かれた奥で、怒りの声が聞こえる・・・

出てきた医師の「やはり・・麻酔をします」との言葉に、仕方がないかな~と諦めた。屈強の医師が10人以上もいる病院なので何とかしてくれるだろう<(_ _)>

抜糸は無事終わり、麻酔が冷めるまで付いていてください・・との言葉に、タオルを敷いて床に横たわったハルの側に2時間半ほど座っていた。その間、何頭かの手術有り、治療有り・・・忙しく動き回る医師たちはそれでも、時々ハルの顔を見ては「ハルちゃんどうでしょうね~」と声をかけてくれる・・どの先生もである。

そして電話がなる・・忙しい中なのに電話をとる医師は皆、誠実に話を聞いては答えている。  他にもスタッフが10人以上・・気付く側から掃除され、医師達が惜しげなく使うタオルは次々綺麗に洗って供給されている。  この動物病院の素晴らしさに感動してしまった。

麻酔が抜けかけた夕方、車まで抱いていこうかと言って下さったが、よろよろ立ち上がったハルは300M程歩いて車に乗った♪    ほんとうは途中で咬み付かれるのを恐れている若い先生だった・・・!!   「ハルちゃんは急に怒りだすんだから~!」と。

今ハルは安心したように寝ている・・・残念ながらエリザベスカラーは、あと一週間付けていなければならないけど・・・・・!(^^)!